フランスコイン鑑定・査定 > 人気のフランスコイン > フランス ナポレオン3世 5フラン銀貨の特徴は?

フランス ナポレオン3世 5フラン銀貨の特徴は?

「コイン査定の仕組み」を解説した完全無料・WEBセミナー動画プレゼント!

Pocket

フランスコインと聞くと、金で発行されているというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

確かに金のコインが多いのは事実。

しかし、銀のコインの発行数も多いですよ。

その一つが、フランス ナポレオン3世 5フラン銀貨。

パリ造幣局で発行され、1870年以降に浸透しています。

ナポレオン金貨に分類されるので、コレクターには欠かせないコインでしょう。

どのような特徴があるのか紹介していきますので、興味のある方に参考にしていただけたら幸いです。

ナポレオン3世の肖像画が目立つ

フランス ナポレオン3世 5フラン銀貨の表面には、ナポレオン3世の肖像画が描かれています。

幅広く面積を使っているのもありますが、テカリがすごく強い印象。

そのため、すごく目立って見え、豪華はコインのイメージです。

銀は金と比較すると、輝きという点で劣ってしまいます。

ただ、テカリの影響で輝いて見えるのが、このコインの特徴の一つ。

コレクターもこの部分に着目しており、気に入っている部分ではないでしょうか。

ザラザラ感がない

金のコインはツルツル、銀のコインはザラザラしているイメージを持っている方も多いでしょう。

フランスコインもそのような傾向があります。

しかし、フランス ナポレオン3世 5フラン銀貨は、表面と裏面の両方ともザラザラ感がありません。

手触りが良く、気持ち良く所有することができるのではないでしょうか。

ツルツルしていると、独特のニオイが付かないのもメリット。

多くの方から高い評価を受けている要因の一つですね。

厚みは普通ぐらい?

フランスコインによって大きさだけでなく、厚みも変わってきます。

額面が高くなるほど、厚みが増してくるのが基本。

フランス ナポレオン3世 5フラン銀貨は薄いと思われがちですが、少しの厚みがある作りになっています。

厚くもなく薄くもなくといった感じ。

薄い方がいいと思っている方は、若干きになるかもしれません。

それほど気にならないという方は、所有していても問題ないのではないでしょうか。

コイン鑑定士に興味がある方はこちら

フランスコインの査定を自分でしてみたい…
という方におすすめしたいWEBセミナーがあります。

『ルナコイン』では独学ではどうにもできない査定士のノウハウや技術を学べます。

アンティークコインを眺めていると、不安になることはありませんか?

  • このアンティークコインは、本物だろうか
  • 相場金額はいくらなのだろうか
  • 将来、値上がりする可能性はあるのか

まずは、
正しいアンティークコインの知識を身につけよう!

auther

【歴史がわかる】
【相場がわかる】
【将来価値を予測できる】

コインノウハウ入門の決定版、 実践型アンティークコイン目利き入門ウェビナー(動画セミナー) です。

このウェビナーは主として、アンティークコレクションを知りたい初心者~中級者用に構成されており、特に下記のような方々を対象としています。

公式サイトはこちら
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

関連記事